原田眞人|Masato Harada|映画監督|つばさプロジェクト

 


アクションパーティ☆ナイト

所属タレント(大人)

秋本 つばさ
秋本 つばさTsubasa Akimoto
野獣仙田
野獣 仙田Yaju Senda
原田 遊人
原田 遊人Eugene Harada

業務提携

原田眞人
原田眞人Masato Harada

所属タレント(kids)

内田誠司
内田誠司Seiji Uchida
滝誠太
滝誠太Seita Taki
大久保綺更
大久保綺更Kisara Ookubo
南あかり
南あかりAkari Minami
三反崎葉月
三反崎葉月Haruna Mitazaki
多田奏音
多田奏音Kanon Tada
南拓斗
南拓斗Takuto Minami
尾野透雅
尾野透雅Yukimasa Ono
北村かりん
北村夏凜Karin Kitamura

つばさプロジェクト サイトマップ

アクション&アクロバットスタジオ「つばさ基地」

「つばさ基地」フェイスブック

つばさプロジェクト・プロフィール

原田 眞人

原田 眞人(業務提携)Masato Harada

映画監督 脚本家 
 
1949/7/3 
沼津市生まれ
株式会社スカイホーク所属


公式サイト
http://www.haradafilms.com/

待望のワークショップ開催!
http://www.tsubasa-kichi.net/class_in/harada_lab.html



ロンドンに語学留学後、1973年よりロサンゼルスを拠点に
ハワード・ホークスなどハリウッドの大物を数多く取材し、
映画評論活動を開始する。

1979年『さらば映画の友よ インディアンサマー』で監督デビュー。
1995年の『KAMIKAZE TAXI』は海外でも高い評価を受け、
その後『金融腐蝕列島・呪縛』『突入せよ! あさま山荘事件』など
話題作を立て続けに送りだす。

社会派作品のみならず『伝染歌』(2007)や『魍魎の匣』(2007)など
エンターテインメント性の高い作品も手掛ける。
2003年 映画『ラスト サムライ』で俳優としてハリウッドデビュー。

2007年から5年間、日本大学国際関係学部教授として『学問としての映画』を教える。
2010年からは早稲田大学客員教授として講義をしている。

日航ジャンボ機墜落事件を追う新聞記者の濃密な人間ドラマを描いた
『クライマーズ・ハイ』は2008年日本アカデミー賞10部門で受賞した。

2012年 モンテカルロ・テレビ祭にて日本人としては初めての
ゴールデンニンフ賞・最優秀監督賞を「初秋」で受賞。

「わが母の記」(2012年公開)はモントリオール世界映画祭では審査員特別グランプリを受賞、
日本アカデミー賞を12部門で優秀賞を受賞。

監督へのメッセージ、お手紙などは当社で承っております。
こちらからお問い合わせください!

FILMOGRAPHY

監督作品 ・さらば映画の友よ インディアンサマー(1979年)
・ウインディー(1984年)
・盗写/250分の1秒(1985年)
・PARIS-DAKAR 15000 栄光への挑戦(1986年)
・おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!(1986年)
・さらば愛しき人よ(1987年)
・ガンヘッド(1989年)
・ペインテッド・デザート(1994年)
・KAMIKAZE TAXI(1995年):仏ヴァレンシェンヌ映画祭   準グランプリ・監督賞 W受賞
・トラブルシューター(1995年)
・栄光と狂気(1996年)
・バウンス ko GALS(1997年):ブルーリボン賞最優秀賞作品賞・監督賞 他多数受賞
・金融腐蝕列島〔呪縛〕(1999年):日本アカデミー賞13部門受賞
・狗神 INUGAMI(2001年):ベルリン国際映画祭 コンペティション部門選出
・突入せよ! あさま山荘事件(2002年):日本アカデミー賞10部門受賞
・伝染歌(2007年)
・魍魎の匣(2007年)
・クライマーズ・ハイ(2008年):日本アカデミー賞10部門受賞
わが母の記(2012年):モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ受賞 
リターン(2013年)
駆込み女と駆出し男(2015年)
日本のいちばん長い日(2015年)
T V ・自由戀愛(2005年、WOWOW「ドラマW」)※同年劇場公開
・初秋(2011年、中部日本放送「CBCスペシャルドラマ」) 映画『わが母の記』連動作品
出演映画 ・ラストサムライ(2003年、アメリカ・ニュージーランド・日本合作) - 大村役
・SPIRIT (2006年、香港・アメリカ合作) - ミスター三田役
著 書 ・ハリウッドインタヴュー (ヘラルド出版、1978年)
・ハリウッド映画特急 (早川書房、1986年)
・原田眞人の監督術(雷鳥社、2007年)
・妖怪変化 京極堂トリビュート(2007年)
・ブルーザーのキス(ランダムハウス講談社、2008年)
受賞歴
※監督が受賞した賞に限る※
(準備中)
「日本のいちばん長い日」(2015年)
・第39回日本アカデミー賞
 優秀作品賞
 優秀監督賞
 優秀脚本賞
・第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞
 監督賞 ※「駆込み女と駆出し男」と同時受賞
 石原裕次郎賞
・第58回ブルーリボン賞
 作品賞

「駆込み女と駆出し男」(2015年)
・第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞
 監督賞 ※「日本のいちばん長い日」と同時受賞
・第70回毎日映画コンクール
 脚本賞

「わが母の記」(2012年)
・モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ
・第36回日本アカデミー賞
 優秀作品賞
 優秀監督賞
 優秀脚本賞

「初秋」(2011年)
・第66回文化庁「芸術祭賞」優秀賞
・第48回「ヒューゴ・テレビ賞」長編TVドラマ部門銀賞
・第52回「モンテカルロ・テレビ祭」最優秀監督賞 (最優秀作品賞、主演男優賞ノミネート)
・第40回「国際エミー賞」最優秀TVドラマ部門ノミネート
・第46回「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」テレビドラマ部門ゴールドカメラ賞



その他準備中